東海バスオフィシャルホームページ

  1. 東海バス > 会社案内トップ > 東海バス博物館トップ > もっと知ってよ!東海バス おもしろバス停に会いに行こう 2001年12月
東海バス博物館

おもしろバス停に会いに行こう


東海バスには約1400のバス停があります。
その中にはちょっと読めないようなバス停や、おもしろい名前のバス停もあります。
このコーナーではそんなバス停を紹介します。気に入ったバス停がありましたら、
ぜひ一度足を運んでみてください。


こんなバス停、読めますか?
19.塩満 (木の宮循環)
塩が満ちると書きますが、海岸からは少し距離があります。
20.板戸一色 (下田駅 - 白浜 線)
寺院風の待合室が特徴
21.築出 (松崎 - 宮ヶ原 線)
西伊豆の仁科川沿いにバス停があります。


※答えは来月、このページの中で。
 
 バックナンバーを見る

写真

写真

おもしろい名前のバス停
13.噺
はなしと読みます。どんな話が聞けるでしょうか?
14.駐在所前
駐在所っていう響きがいいですね。



Monthly Column
「競合路線のバス停」

東海バスには、単独で走っている路線と他社と競合している路線があり、約10%が競合路線となっています。ほとんどの路線が「八幡」や「大場駅前」のように小豆色のバス停(東海バス単独はもちろんオレンジ)となっており、数社のバスが同じバス停を共同で使用しています。
ところが、例外があり、東海バスの「三津」バス停の隣りに立つ伊豆箱根のバス停は、緑色のポールに「三津郵便局前」。別に中が悪いわけではないのだけれど、なぜこのようになっているのでしょうか。
写真
『八幡』バス停
『大場駅』前
『大場駅』前