東海バスオフィシャルホームページ

  1. 東海バス > 会社案内トップ > 安全への取り組み > 安全に関する取り組み状況と今後の計画2008年
企業情報

安全に関する取り組み状況と今後の計画

1.利用者の皆様へ

 当社の索道事業に対して、日頃のご利用とご理解、誠に有難うございます。
当社は、経営理念の第一に安全の確保を掲げ、法令の遵守とともに安全輸送に全社員が一丸となって取り組んでいます。
本報告書は、鉄道事業法に基づき、輸送の安全確保のための取り組みや安全の実態について、自ら振り返るとともに広くご理解いただくために公表するものです。皆様からの声を輸送の安全に役立てたく、積極的なご意見を頂戴できれば幸いです。

東海自動車株式会社(小室山観光リフト)
取締役社長 石 井 良 雄
2.基本方針と安全目標
(1) 基本方針

 当社の経営理念の第一は、安全の確保です。「安全基本方針」を次のように掲げ、社長以下従業員に周知・徹底しております。
「安全基本方針」は、こちらをクリックして下さい。 → 「安全基本方針
(2) 安全目標

 索道輸送安全目標(平成18年~22年)は次表のとおりです。今年度、残念ながら索道人身障害事故が1件発生しました。この事故を受け改善策を検討し、3.に掲げた対策を講じました。引き続き無事故に向けて取り組む所存です。

区 分 項 目 内 容
定量的
な目標
設備不具合による事故 乗客の死亡を伴う事故を発生させない
人身障害事故 5年間の事故発生件数をゼロとする
3.事故等の発生状況とその再発防止措置
(1) 索道運転事故(索道人身障害事故)
平成20年3月5日 山麓駅において乗客が搬器から転落する事故が発生し、1名の方が負傷されました。被害者の方には深くお詫び申し上げます。
事故発生原因は、係員が乗車方法の案内をおこないましたが、お客様に内容が伝わらなかったことが原因であり、社内において再発防止のため乗車方法の案内に関する改善・周知を図りました。
(2) 災害(地震や暴風雨、豪雪など)
平成19年度、災害による運行停止はありません。
(3) インシデント(事故の兆候)
平成19年度、国土交通省へのインシデントの発生はありません。
(4) 行政指導等
平成19年度、行政指導等はありません。
4.輸送の安全確保のための取り組み
(1) 人材教育

 当社では、輸送や皆様の安全に役立つよう、施設及び取扱いについての安全教育を実施しています。平成19年度は、輸送の安全を確保するために遵守すべき事業運営の基本方針や安全管理についての研修を行い、安全意識の向上を図りました。また、索道技術管理者が中部運輸局主催の索道技術管理者研修会への参加をしました。
(2) 緊急時対応訓練

 毎年、年1回係員一同にて救助訓練を実施しています。また、緊急事態発生時における措置系統について、係員が迅速かつ的確に対応できるよう役割の再確認をしました。
(3) 安全のための投資と支出

 安全の維持・向上のため、設備改修工事の5ヵ年計画を策定し、計画に基づき改修工事を毎年実施しています。
平成19年度は、
①常用・非常用制動機オーバーホール
②油圧緊張シリンダー交換工事
③架空地線の接地改修工事
を実施しました
5.当社の安全管理体制

 社長をトップとする安全管理組織を構築し、各責任者の責務を明確にしています。
また、ヒヤリ・ハット報告制度を導入し、日々の業務に反映させております。
「安全管理体制図」はこちらをクリックしてください → 「安全管理体制図
6.平成20年度の計画について
(1) 関係法令の遵守と安全第一の意識の徹底
輸送の安全に関する法令及び関連する規程の遵守と安全第一の意識を徹底させるため、社内研修を実施します。
(2) 安全管理体制の整備・改善
適宜、安全統括管理者が事業所へ赴き、業務の実施及び管理の状況を確認し、潜在する危険要因を抽出し、管理体制の改善を図っていきます。
(3) 検査・点検業務
平成19年度と同様に自主点検及び検査を厳正、忠実に実行していきます。
(4) 係員の教育訓練
係員を各種研修に参加させ、技術及び業務知識の向上を図っていきます。
(5) 安全のための設備投資
握索機サスペンダーブッシュ・サラバネ交換工事 平成20年9月実施予定
1号支柱索輪ゴムタイヤ交換工事 平成20年9月実施予定
7.利用者の皆様の連携とお願い
(1) 「お客様の声を形にします」
より安全で信頼される索道をつくるため、皆さまからお寄せいただいた声を役立てていきます。ご意見をお寄せ下さい。
(2) リフト乗車時の注意事項
①乗り方に慣れていないお客様は、係員にそのことをお申し出ください。
②足腰の不自由な方は乗車をお断りすることがあります。
③6歳以下のお子様は1人での乗車はできません。保護者の方と同乗してください。
④空き缶・煙草の吸殻・その他の物品を、乗車中リフトから投げ捨てないでください。
⑤搬器から飛び降りたり、搬器を揺らさないでください。
⑥衣類・携帯品・髪の毛などが、施設に巻き付かないように注意してください。
⑦改札後は係員の指示に従ってください。
8.ご連絡先

安全報告書へのご感想、当社の安全への取り組みに対するご意見をお寄せ下さい。

〒414-8511
静岡県伊東市渚町2-28
東海自動車株式会社 事業部 
TEL0557-36-1122 FAX0557-36-2600
E-mail tokaibus@mxh.mesh.ne.jp