東海バスオフィシャルホームページ

  1. TOPページ
観光情報(西伊豆町)

花情報

 

さくら 那賀川

大沢温泉から続く那賀川沿いの桜並木は、菜の花とのコントラストがすばらしく、色鮮やかな見事な景観をかもし出しています。

お問い合わせは 松崎町観光協会 TEL:0558(42)0745
交通 伊豆急下田駅より堂ヶ島行きバスで45分伏倉橋下車 修善寺駅より松崎行きバスで98分松崎で乗り換え伏倉橋下車
 

さくら 黄金崎(こがねざき)

黄金崎公園内にあるコレクションガーデンでは、季節の移り変わりとともにさまざまな花が咲き誇ります。3月下旬から4月上旬にかけては、ピンク色の桜に、菜の花やムラサキハナナなどの春の花が色を添えます。

お問い合わせは 西伊豆町役場観光商工課 TEL:0558(52)1114
交通 修善寺駅より松崎行きバスで72分
 黄金崎クリスタルパーク下車 徒歩5分
 

ワイルドフラワー 那賀川沿い那賀川

ワイルドフラワーは、ノースモール・ヒメキンギョウソ・ネモフィラメンジェシー・アフリカキンセイカ・ツマシロヒナギクの混合種。3月下旬~5月上旬にかけて、那賀川沿いの水田の農閑期を利用した広大な敷地で見頃を迎えます。約10万平方メートルの大規模な花畑は、春を満喫できる最高の場所のひとつです。

お問い合わせは 松崎町観光協会 TEL:0558(42)0745
交通 伊豆急下田駅より堂ヶ島行きバス45分「ユースホステル」下車
または修善寺駅より松崎行きバスで98分松崎で乗り換え松崎より下田駅行きバスで6分「ユースホステル」下車
 

スカシユリ 御浜岬

御浜岬は富士山を北に望み、戸田港を抱くように弧を描いた岬です。この岬には3万本のスカシユリが群生し、6月頃になると岬全体が鮮やかなオレンジ色に染まります。スカシユリの開花期間は約2週間と短く、そのはかなさが一段と美しさを際立たせます。

お問い合わせは 沼津市観光交流課  TEL:055(934)4747
交通 修善寺駅より戸田村行きバスで50分
  戸田下車徒歩20分
 

イソブキ 戸田村御浜岬公園

季節ごとに変わる御浜岬の花暦、10月下旬から11月にかけて約3万株のいそぶきが見頃になります。緑色のフキの葉に、黄色い小さな花が無数に咲き乱れ、雄大な富士と駿河湾を背景に、見る者の心を優しく穏やかにしてくれます。

お問い合わせは 沼津市観光交流課  TEL:055(934)4747
交通 修善寺駅からバスで松崎行き土肥乗り換え戸田行き御浜口(みはまぐち)バス停下車
ページトップへ

イベント情報

 

恋人岬バレンタインスペシャル 伊豆市 2月14日

1988年から続く、恋人岬春の恒例イベント。限定版恋人宣言証明書の無料発行や、チョコレート・花の種のプレゼントがあり、恋人たちにうれしいたくさんのイベントが行われます。

詳細ページへ
お問い合わせは 伊豆市土肥観光協会 TEL:0558(98)1212
交通 修善寺駅より松崎行きバスで67分
恋人岬バス停下車
 

恋人岬ホワイトデースペシャル 伊豆市 3月14日

バレンタインスペシャルに続く恋人岬春のイベント。先着314名にオリジナル恋人宣言証明書を無料発行。ウエディングドレスとタキシードを着ての記念撮影など、心温まる催しが盛りだくさんです。

詳細ページへ
お問い合わせは 伊豆市土肥観光協会 TEL:0558(98)1212
交通 修善寺駅より松崎行きバスで67分
 恋人岬バス停下車
 

堂ヶ島火祭り 西伊豆町

満艦飾の多数の漁船、パレード、海賊船征伐、打上花火・・・夏を告げる多彩な海の饗宴、「堂ヶ島の火祭り」は7月24日開催されます。1200年もの昔、地元民が海賊を征伐した故事にならって、祭りの為に作られた海賊船に男達が次々と火矢を放ち、燃え上がる海賊船を下に盛大に花火が打ち上げられます。 詳しい日程は下記リンクより確認して下さい。

お問い合わせは 西伊豆町観光協会  TEL:0558(52)1268
交通 伊豆急下田駅より堂ヶ島行きバスで60分
  堂ヶ島バス停下車
 

長八まつり 松崎町

9月下旬、伊豆の長八美術館周辺で漆喰こて絵の名工「入江長八」を偲び、「長八まつり」が開催されます。漆喰鏝絵は左官が使う鏝(こて)で漆喰を塗り重ねて描くものです。

お問い合わせは 松崎町商工観光課 TEL:0558(42)3962
交通 伊豆急下田駅または蓮台寺駅よりバサラ峠経由堂ヶ島行きバスで50分松崎下車
松崎発雲見入谷または石廊崎灯台行きバスへ乗り換え4分 長八美術館下車

新幹線三島駅から松崎行き特急バスで150分または、伊豆箱根鉄道修善寺駅より松崎行きバスで100分 松崎下車、松崎発雲見入谷または石廊崎灯台行きバスへ乗り換え4分長八美術館下車
(修善寺から長八美術館行きバスもあります)
ページトップへ

伊豆周辺施設情報

 

なまこ壁の街並み

なまこ壁とは、民家・土蔵などの外壁を四角い平瓦を並べて貼り、継ぎ目には漆喰をかまぼこ型に盛り上げて塗った壁のことです。なまこ壁は松崎を代表する伝統技能で、現在もなまこ壁をもった家が存在しています。付近には「漆喰こて絵」の名工「入江長八」の作品を集めた「伊豆の長八美術館」があり、美術館の壁面は、現代のこて師の名技術でできています。

交通 修善寺駅~松崎行、または伊豆急下田駅~バサラ峠経由松崎・堂ヶ島行
松崎バス停より徒歩約10分でなまこ壁の街並み
 

田子海岸

田子は、昔から遠洋漁業の基地として栄えた町で、かつおの水揚げ港として有名で、土佐から伝えられたかつお節造りの伝統が守られ、昔ながらの製法を伝える「かまや」と呼ばれる家が今でも残っています。
港には、メガネッチョ、弁天島、田子島、尊之島の島々が浮かび、3月の春分の頃と9月の秋分の頃には「夕陽を見る会」が大田子海岸にて行われ、ここからの夕陽は日本一との呼び声も高く、また海がきれいなことから、ダイビングスポットとしても知られています。

お問い合わせは 西伊豆町役場 商工観光課 TEL:0558-52-1114
交通 修善寺駅より松崎行乗車
 

世界一大きな花時計

世界一大きな花時計としてギネスブックにも載っているのが伊豆市[旧:土肥町]の花時計。直径31メートル、時針8.8メートル、分針12.5メートル、秒針10.8メートルもある巨大サイズで、1万本以上もの季節の花が文字盤を飾っています。時刻を教えてくれる時報は、時間によって変わりますので、毎時聞いてみてください。

交通 修善寺駅より松崎行きバスに乗車
  「土肥」バス停下車すぐ
 

堂ヶ島洞窟めぐり遊覧船

堂ヶ島では、奇岩の中をクルージングできる遊覧船が運航しております。洞くつめぐり遊覧船の最大の魅力である天窓洞は長い年月の波による海食によってあけられた洞窟の中央部の天井が円く抜け落ち天窓をなしたもので、洞内が明るいため船が自由に航行できます。

お問い合わせは 堂ヶ島マリン TEL:0558-52-0013
交通 伊豆急行線蓮台寺駅から松崎・堂ヶ島行きバス 48分終点、堂ヶ島下車 伊豆箱根鉄道線修善寺駅から堂ヶ島・松崎行き バス92分堂ヶ島下車
 

黄金崎

西伊豆は夕日が美しく見える海岸線を持つことで有名ですが、特に黄金崎はその名の通り、美しい夕日を浴びて岬全体が黄金色に輝くおすすめの夕日スポットです。風化した安山岩が黄褐色に変化した「プロピライト」と呼ばれる岩石によるものです。付近にはガラスの原料産地にちなんだ「クリスタルパーク」もあります。

交通 松崎~修善寺駅行 黄金崎クリスタルパークバス停下車 徒歩10分
土肥金山  

土肥金山

西暦1300年代中期、土肥を支配した足利幕府直轄の金山奉行が金を掘ったのが土肥金山の始まりと伝えられます。 一時は佐渡金山に次いで日本2位の産出料があったとのこと。1965年の閉山までに金が40t、銀が400tも発掘され、江戸幕府の財源を大いに潤したそうです。 現在は坑内の一部を観光用に整備し、一般に公開しています。内部は金に関するすべてのことがわかるようになっていて、砂金とりもできます。 土肥金山には、ギネスブックにも認定された重さ200キログラムもある「世界一の金塊」があります。うれしいことに直接触ることもできます。ご利益がありそうですね。

お問い合わせは 土肥金山 TEL:0558-98-0800
交通 修善寺駅より松崎行きバスに乗車、
  「土肥温泉」バス停下車すぐ
 

恋人岬

グアムの恋人岬と姉妹提携して名づけられました。 駐車場から15分ほどで先端に到着。 岬から眺める夕日はロマンチックな雰囲気いっぱいです。 岬の先端の鐘を3回鳴らすと恋が実ると言われています。バレンタインやホワイトデーには多くのカップルでにぎわいます。

詳細ページへ
お問い合わせは TEL:0558-99-0026
交通 松崎駅より修善寺駅行 特急・急行三島、沼津駅行 恋人岬バス停下車徒歩15分
ページトップへ