東海バスオフィシャルホームページ

  1. TOPページ
東海バス博物館
東海バスの歴史 1931~1946

1917~19301931~19461947~19551956~19631964~19701971~1976
1977~19841985~1992 1993~2002 2003~2006

エピソード
伊豆大島に東海自動車の営業所があった!

昭和6年、下田自動車当時から、大島元村(当時)に営業所を開設、貸切車(チャンドラー)3両をもち、島内めぐりや下田港へ向かう旅客の便宜を図った。昭和8年7月、大島自動車商会に譲渡したが、この会社では営業政策上"東海自動車"の名称を使い続け、団体客引きなどで物議をかもしたり、自動車転落事故を起こすなどで当社は大変迷惑を被った。このため、大島に再び派出所をつくり事務員1名を派遣して、昭和13年末まで案内・整理にあたらせた。
当社の歴史の中で一番短命な営業所であった。

東海バスの歴史
1932年(昭和7年)
11,11 下田自動車株式会社と合併し、
資本金58万2,500円に増資
1933年(昭和8年)
07,18 伊東~下田間の運行開始
1937年(昭和12年)
08,24 貸切車3両を軍に徴発される(その後終戦まで多数の車両が徴発された。)
1938年(昭和13年)
04,20 伊豆だより創刊(のち戦争により休刊)
1946年(昭和21年)
12,16 東海自動車従業員組合結成
(昭和24,06,30労働組合と改称)
伊東駅(旧本社)を出発した沼津行バス 取り壊す直前(平成7年)の旧本社
伊東駅(旧本社)を
発車した沼津行きバス
取り壊す直前(平成7年)の旧本社

東海バス全路線図
東海バス全路線図
伊豆だより初版
伊豆だより初版

社会情勢
1931年(昭和6年) 羽田空港開設
1934年(昭和9年) 丹那トンネル開通 東海道本線熱海経由となる
1938年(昭和13年) 省線伊東駅開業
1941年(昭和16年) 太平洋戦争勃発
1945年(昭和20年) 太平洋戦争終わる


ページトップへ