東海バスオフィシャルホームページ

  1. TOPページ
東海バス博物館
東海バスの歴史 1956~1963

1917~19301931~19461947~19551956~19631964~19701971~1976
1977~19841985~1992 1993~2002 2003~2006

エピソード
郵便事業と災害

郵便逓送業務を受け持っている当社は、狩野川台風の時には、道路が復旧するまで船便を仕立てたり、郵袋を郵便逓送関係者が背負って運んだ。その後の西伊豆集中豪雨で船原峠の道路が決壊し郵便自動車が通行不能となった時も郵袋を担ぎ、同じく立ち往生したバスの乗務員と協力し、道なき道を泥水につかりながら土肥局に届けた。感激した地元局長から後にこの話が郵政省に伝わり、大臣から表彰された。

東海バスの歴史
1958年(昭和33年)
09.26 狩野川台風襲来、全線にわたり大被害を受ける
1961年(昭和36年)
12,01 特急バス「いでゆ号」運行開始
(伊東~下田間1便、
冷暖房・リクライニングシート車)
12,10 従来の急行バスを特急バスに改称
(東海岸、天城線とも)
1962年(昭和37年)
10,01 小室山観光リフト開業
1963年(昭和38年)
06,09 乗合バス運賃改定
(㌔当り4円 20.1㌔以上3円60銭
最低運賃10円)
11,25 ハイヤー事業を分離し、新東海交通(株)
東海交通(株)下田東海交通(株)
の3社を設立
特急バス発車式
特急バス発車式
国立公園の標識と定期遊覧バス
国立公園の標識と定期遊覧バス
伊東西伊豆定期遊覧バス (蓮台寺8:30~石廊崎~下田~西伊豆~修善寺15:10)530円
伊東市内遊覧バス (伊東駅9:30・13:00~一碧湖~川奈ホテル~汐吹~浄の池~
伊東駅12:00・15:30)大人120円・小児60円
3~5、10~11の各月は毎日、その他は日祝運転
南伊豆定期遊覧バス (修善寺9:00~天城~石廊崎~下田~伊東駅16:55)615円

社会情勢
1956年(昭和31年) 東海道本線全線電化完成
1958年(昭和33年) 東京タワー完成
1959年(昭和34年) 皇太子殿下(現在の天皇陛下)ご成婚
1961年(昭和36年) 伊豆急行 伊東~伊豆急下田間開通


ページトップへ