東海バス

企業情報

鈴木さん(角ゴ) 1100

Q1.現在のお仕事の内容は?

1629966395593路線バス運転士として、ハンドルを握っています。勤務内容ですが、あらかじめ組まれているシフトに従い、早番や遅番、日勤など、毎日異なる内容で乗務しています。覚えることも多く大変ですが、年齢関係なく仲の良い職場なので、不安なことを相談するなど、お互いに支え合いながら業務に取り組むことができています。また、運転技術や接客スキルの向上には終わりがありませんので、勤務して10年以上になる現在も勉強する日々です。


Q2.入社の理由は?

小さい頃からバスが好きだったので、バス運転士になることが保育園の頃からの夢でした。年を重ねるにつれ、公共交通機関として地域を支える仕事であることの重要さに魅力を感じ、より一層バス運転士への憧れが大きくなっていきました。地元である伊豆半島に貢献したいという思いがあり、東海バスへの入社を希望しました。
IMG_7304


Q3.お仕事のやりがいは?

0993リサイズ路線バスは、車の免許を持っていない方やお年寄りの方、学生の方が、お買い物や通院、通学など日常生活で利用されます。なかでも、高齢化が進む伊豆半島ではお年寄りのご利用が多く、ブレーキのかけ方、出発や停車時の速度など、安心して乗車いただけるよう丁寧な運転を心掛けています。そのため、降車時にお客さまから「ありがとう」「いい運転だったよ」などお褒めの言葉をいただいたときは、とても嬉しく、仕事のやりがいを感じます。


Q4.働くうえで大切にしている価値観は?

バス運転士は、多くのお客さまの命を預かり、目的地まで安全に輸送するという責任のある仕事です。乗務のときだけでなく、車両点検など常に安全を意識して一つひとつの業務に取り組んでいます。整備

Q5.当社の魅力は?

石廊崎東海バスは、伊豆半島を事業エリアとしています。どの営業所で働いても、自然豊かな観光地を乗務することができます。私が所属している下田営業所の路線エリアは、白浜海岸や龍宮窟、石廊崎など、海が綺麗な観光地が多いことが特徴です。また、下田市のあじさい祭や水仙まつりなど、季節ごと開催されるイベントにあわせて、路線バスを増便した臨時ダイヤで運行しています。日常生活だけでなく地域のイベントにも関わっているため、地域貢献を強く実感することができます。


Q6.休日の過ごし方は?

休日は子供と一緒にテニスをしたり、家で映画鑑賞や読書をしたりとさまざまです。夏は毎週のように海に行っています。自宅から海が近いことも、自然豊かな伊豆ならではかもしれません。

DSC_1110弓ヶ浜 トリミング


Q7.バス運転士を目指す方へのメッセージ

東海バスでは「大型二種免許取得制度」があります。教習費用を会社が全額負担し、3年間勤務した場合は返済する必要がないなど、未経験の方も応募しやすい制度が整っています。「バス運転士になりたい!」という思いのある方は、ぜひ応募してください。私たちと一緒に東海バスで働きましょう!お待ちしております。
接客2-2



点呼
運行管理者との点呼
弓ヶ浜3
弓ヶ浜海岸
ご飯
お昼ご飯に海鮮丼を食べました
ヒリゾ(色味調整)
あいあい岬からヒリゾ浜を撮影

ページ先頭へ

トップページ > 企業情報 > 社員インタビュー バス運転士 鈴木剛 下田営業所